忍者ブログ
鬼畜眼鏡の「ノマ佐伯克哉」総受けのBLサイトですwww たぶんちゃんと更新してるつもりですが、 たまに、放置してしまうことがありますので、 なかなか更新していないなぁ、と思いましたなら、 私に報告してください。 「さぼんじゃねぇよ、バカ」 ...で、よろしくお願いしますwww
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の恋人、佐伯克哉は、自覚がないからいつも同じ手に引っ掛かってくれる、可愛い恋人だ。

 私の趣味がワインを営むことだと知ったときの、あの彼の嬉しそうな顔ときたら...。

 必死にパソコンに向かって、何をしているのかと思えば、ワインのことを調べていたのだから、もう可愛いとしか言えない。

「どうしたんだ?」

 私の声は、少し上ずっていたように思える。

 問いかけたときの克哉の顔が、真っ赤で...。

「えっと...、ワインについて、ちょっと調べていたんです」

 恥ずかしそうに言う彼に「何故だ」と、問いかけてやると、素直に「御堂さんが好きだから、気になって」と答えた。

 それからは、克哉はパソコンには向かっていない。

 私という先生がいるからな。

「赤ワインは常温で、というのが基本だがな、少し冷やした方が美味いのもあるんだ」

「へぇ...(笑)」

 私の堅い話を克哉は、にこにこと聞いている。

 こんな話をまさか克哉にできるとは思っていなかった。

「こっちのボジョレー・ヌーボーは、何ですか?」

「それは、ワインが好きになってからの方が、楽しめるものだ。だが、君はすぐにあけそうだな」

 克哉がよく分からないという表情をする。

「つまり、ワインの味がちゃんと分かる君なら、あと少し舌が馴染めば私と一緒に飲めるということだ(笑)」

 そう言うと、克哉は嬉しそうな顔をして「楽しみです」と笑いながらラベルを見る。

 その間に、私は空になったグラスに克哉に内緒で、少し強めのワインを注ぐ。

 そのグラスを何事もないように克哉に渡し、話をしながらまた空になったグラスにワインを注いでいく。

 彼は気づかない。

 徐々に酔いが回ってきた克哉の頬は、紅色に染まっている。

 酔っていることに自覚が全くない彼は、私が差し出したグラスを何の疑いもなく飲みほしていく。 これは、最近の私の楽しみの一つでもある。

 酔った克哉は、最高に色気があって私の理性を犯しつくし、最高の夜に染め上げてくれる。

 何度やっても彼は気づかない。  そして、酔った彼は淫らでさらに感じやすく、甘い吐息を吐き出しながら私にしがみついて悶え、噛みついて我を忘れる。

 その時に克哉の見せる顔は、思い返すだけでも、身体にぞくぞくしたものが走り抜ける。

(早く、酔ってしまえ(笑))

「?...どうしたんですか?」

 だがこれは、彼には内緒だ。

「いいや、何でもない...(笑)」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/31 京一]
最新TB
プロフィール
HN:
神崎亜李守
性別:
女性
職業:
イラストを描くことです!!
趣味:
最近はノマ克哉で妄想することですwww
自己紹介:
駄目な管理者で本当に申し訳ありません。
自分なりにはがんばっていますので、どうか応援してください。
...それと、何かノマ克哉でリクエスト等があれば、
精神誠意(ボールペン以外で)描きますので、
「こんなのが見たい」
「これがこのブログには足りない」
「というか、R-18描けよ」
等、ありましたら、コメント欄にお願いします。
...あ、もちろんボールペンの方がお好みでしたら、
そっちで描きますのでよろしくお願いしますwww
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]